2週間に1回しか買い物にいかない

2週間分献立を考えて、スーパーが安い日に2週間分の買い出しをすることです。ちょこちょこスーパーに行ってしまうとついついいろんなものを買ってしまうので、1回しか買い物に行かないと決めています。

特番の日を狙ってお肉野菜などを2週間分買います。お肉は買ってきた日に献立に合わせて冷凍します。冷凍する際にも料理するときに楽なように献立に合わせて切ってジップロックに入れて冷凍します。

生姜焼きなどは下味をつけて冷凍しています。きのこ類も安い時にまとめ買いして少しずつ分けて冷凍しています。野菜も2週間分だと腐ってしまうので、細かく献立の料理に合わせてカットして一緒に冷凍保存しています。

後は2週間分の買い物が済んだ夜は夜な夜な作り置きを作っておきます。1週間分のサイドメニューを作り置きしています。春雨サラダ、煮卵やきんぴらゴボウ、ポテトサラダなど簡単で日持ちするものを作っておくとサイドがないとかでまたスーパーに走る理由がなくなるし家にあるものでなんとか回すことが出来れば余分な買い物が減り必ず節約出来ます。

本は買わずに、図書館で借りる。

本はできるだけ購入せずに、図書館で借りるようにしています。
まずは図書館で借りて、そのうえで手元に残しておきたい場合は、中古本を探し、それでも見つからない場合は、購入します。
だいたいの本は図書館で借りれ、必要な箇所だけメモを取ったり、写真にしたりすると、事足りる場合が多いです。
特に子供にはたくさんの本を読ませたいので、図書館は大活躍しています。
子どもに人気のあるシリーズものや、教育漫画、普通の漫画などもたくさん置いているので、金額を気にせず、どんどん借りて読ませています。
家にあんまり読まない本があふれかえることもなく、本当に欲しい本だけを選ばせて購入するので、大切に読んでくれるようです。
時々古本のセールもやっているので、そういう時は、いい本がたくさんあり、購入することもあります。
CD付きの語学教材なども、買うと高いので助かっています。
積読を防ぐのに、図書館の利用は最適で、お金とスペースの節約が同時にでき、一石二鳥だと満足しています。

買い物にでかけずに自炊する

過程の冷蔵庫や冷凍庫、食材庫には想像しているより多くの未使用の食材が眠っています。ですので、定期的にあえて買い物に行かない日をつくり、自宅にある食材で自炊するようにしてみます。確かにレシピ通りに作ろうと思ったら足りない食材が出てくることでしょう。けれどもどうしてもレシピ通りに作らないといけない、というルールなんてありません。そして思っていた以上に多くの食材をためこんでいることに驚くことになります。このように定期的に自宅に眠っている未使用の食材を把握しておくことで、日々の買い物や献立を考える際も、賞味期限の近づいたあの食材を使って作ろう、あの食材を中心に野菜だけ買い足しておこう、などと無駄な買い物が減ると思います。また、賞味期限が切れたり腐らせたりして廃棄する食材を極力減らすことで、地球環境に優しい生活をすることができます。これらを習慣づけることによって、エコな上に節約ができ、また自炊により健康的な食生活が送れるでしょう。

朝、その日に飲む用のコーヒーを作り持ち歩く。

以前は毎朝、学校に行く前または、学校の途中に近くの某コーヒーショップでコーヒーを1杯買っていました。ある時、友達に、「毎日毎日飲んでるよね。」と言われたのがきっかけで、その生活習慣を止める事にしました。学校に行く前や、途中にコーヒーショップでコーヒーを買わず、スーパーで買ってきたインスタントのコーヒーを朝自宅で作って、タンブラーに入れ、持ち歩く事にしました。味はインスタントなので落ちてしまった気がしますが、、、以前は少なくてもコーヒー代に毎日300円程使っていたので、1ヶ月にすると9000円。スーパーで購入したインスタントのコーヒーは、1000円程で約1ヶ月飲む事ができるので、約8000円を節約できていると思います。更に、コーヒーショップに行くたびにコーヒーだけでなく、マフィンやクッキー等ちょっとしたお菓子を買っていたので、行く習慣が無くなった今は、以前購入していたおやつにかけるお金も節約できています。

食材はまとめ買いでスーパーに行かない節約

食材は、その日に使うものはその日に買うほうがおいしく食べることはできますが、スーパーに行くとついつい「あれが安い」「これなかったかも!」と無駄なものを買ってしまうことが多くありませんか?
私は、それを防ぐためにスーパーには極力いかない!!それが一番だと思いました。
野菜は腐りやすいため、サラダにする野菜のみ3日分とか、これを1週間で使う!と週初めに行くようにし、お肉やお魚は月に1~2度、安いスーパーでまとめ買い。
帰ってきたら、用途別、お肉別にラップで包み、袋に入れて冷凍保存!!普段の料理はそこからお肉を取り出して、自然解凍をして使っていますし、冷凍庫にあるお肉を考えてメニューも考えるようにしています。
私の場合、5000円分のお肉やお魚をまとめ買いをし、主人と二人で1カ月半立ちますが、まだ少しお肉が残っている状態です。今月はこの残り少ないお肉で何とかかさましをしつつやり過ごそうと思っています!
二か月でお肉やお魚が5000円は安いと思います。

出来る限り自転車で何処までも行く

なるべく電車に乗らない!
通勤はもちろん、行けるところは時間が許す限り自転車で何処までも行くことにしている。40歳を過ぎて一度入院をしてしまい、ほんの2週間の病院生活で足腰が弱ってしまったのにビックリして、それを機に自転車に乗るようになった。
通勤分節約できたのにプラスして、ここまで電車で行ったらいくらだからと、節約金が分かるようにその分貯金箱に入れてリアル感を楽しむのがコツだと思う。
そうすれば、もっと頑張ろうとか、意欲が湧いてくる。

そして、知らないうちに運動にもなりダイエットが出来て一石二鳥!!!
初めはただ自転車に乗って目的地まで行くだけだったけど、こなすにつれて腹筋を使うような呼吸法を取り入れたり、
姿勢よく自転車に乗る事で普段から自然と背筋が伸びるようにもなった。
前は良く眠れなかったり、夜更かしをしていたけど、今は早寝早起きで、安眠する事が出来るようになった。

上記の事で節約が苦ではなく、とても楽しく毎日に取り入れる術が持てたと思う。

自分の好きなものに集中して使うメリハリ家計術

節約、節約と目の色を変えて1円でも安いお店を探してはしごして買い物をするのはストレスもたまるしあまり効率もよくありません。大まかな1か月間の目安を立てたら、その範囲で自分の好きなもの、食べ物でも雑貨でも洋服でも買って、あとを引き締めるのが、ストレスもたまらす効率よく節約できる方法かなと思います。自分の好きなものを買っているので心が満たされ、余計なものを買わなくなります。あちこちのお店で底値買いをするよりも、大体の品物が安くてよいものを扱っているお店をいくつか決めて、これを買うときはここ、他のものはここと使い分けをすると無駄なお金や時間がかかりません。1品だけ買い足したい時に意外と便利なのがコンビニエンスストア。PB商品のパンやハム、最近は野菜なども充実しているので、スーパーでつい余計なものまで買ってしまうより安上がりで買い物の時間もかかりません。ある程度使いまわしのきく食材など買っておいて、週に2日ぐらいは何も買わない日をつくるのもおすすめです。好きなものはどんと買って他のもので引き締めるメリハリ家計が節約への近道だと思います。